ホーム9坪ハウスとは?デザイナーズファイル製品ラインナップ
 

ホームに戻る>>>

建築概要編>>>
施工レポート>>>
イメージギャラリー>>>
オープンハウス編>>>





"9坪ハウス
kinoco" K


■2008年2月某日 -K邸:地鎮祭 -

 

2月某日、板橋区にて9坪ハウスkinocoの地鎮祭が晴天の下行われました。建築が始まる前には、このようにして土地の神様を鎮めるために、四隅に青竹を立てて祭場を作ります。

 

また、祭場の中には、このようにして酒・水・米・塩・野菜・魚等をお供えします。

 
今回の地鎮祭では、写真の榊(さかき)と呼ばれるものを、お施主様をはじめとして、工事に関わる皆が祭壇の中に立てて工事の無事を祈ります。そして、いよいよ工事が始まります。
 

■2008年4月某日 -K邸:基礎工事 -

 
4月某日、9坪ハウスKinocoの基礎工事が完了しました。9坪ハウスの正方形のプランがはっきりと分かるようになり、出来上がりの様子がうっすらとイメージできます。道路側からは距離をとって駐車場を確保しています。
 
 
今回の9坪ハウスKinocoには、オプションとして地下室を設けています。地下室は納戸となる予定です。
 
 
駐車場のレベルと建物の建っている地盤のレベルには段差があるため途中に階段が設けられています。今はまだ、建物の様子が平面的にしか分かりませんが、これから徐々に立体的に立ち上がってきます。
 
 

■2008年5月某日 -K邸:上棟式 -

 
5月某日、あいにくの天気でしたが、無事に上棟を終え、いつもの9坪ハウスのかわいらしい外観が現れました。道路側には9坪ハウスの特徴である大開口が設置されています。
 
 
気持ちの良い吹抜けがあるリビングに即席のテーブルが設けられ、皆で楽しく食事をとりました。テーブルの端に置かれているのは、幣串(へいぐし)と呼ばれるお守りです。
 
 
美味しいパンが上棟式に参加した皆に振舞われました。
 
 
今回の9坪ハウスはSE工法を使用し建てられているので、接合部に設置された金物がほとんど見えません。非常に綺麗な構造で、隠してしまうのが少しもったいないくらいです。
 
 

■2008年7月某日 -K邸: -

 
7月某日、晴天。着々と進んでいる9坪ハウスKinocoです。既に外壁は貼られ、大窓も設置されています。外壁は木材、サッシは錆び塗装と経年変化を楽しむ仕様です。
 
 
吹き抜け周りには木の箱が段々に取り付けられています。棚でしょうか?どのように使うかはできてからのお楽しみです。
 
 
地下に下がる階段です。当日は35度を越す猛暑日でしたが地下は涼しく心地よい空間でした。
 
 
今回の9坪ハウスKinocoにはお施主様とこだわりとそれを実現するライフアンドシェルター社のデザインが各所にちりばめられています。 こちらもその一つ。床から鉄の棒が突き出ています。トイレには欠かせないアイテムです。
 
■2008年9月某日 -K邸: -
 
地下に下がる階段は床のスライドで開閉します。
 
2階の吹き抜け部分の開口部には回遊しやすいよう太い梁があります。
 
いよいよ完成まじかです。
Text and Photograph by
Boo-Hoo-Woo.com
 
page top↑
 
ホーム9坪ハウスとは?デザイナーズファイル製品ラインナップ
会社概要プレスリリースプライバシーポリシーお問合せ
- 9tubohouse.com web site version1.0β -
copyright
デザイン住宅デザイナーズ住宅狭小住宅 ブーフーウー株式会社
 
produced by