ホームコンセプトデザイナーズファイル製品ラインナップ
 
 
デザイナーズファイル



9坪ハウス kinoco
\14,500,000-
ライフ アンド シェルター社
Life+Shelter co.,

松野勉+相澤久美
建築家
 
松野勉
1969年 東京都生まれ。建築家
1994年 早稲田大学大学院修士課程修了
1996年 ライフアンドシェルター社設立
現在 千葉大学工学部 都市環境システム学科 非常勤講師
 
相澤久美
1991年 ボストン大学 経済学部中退
1994年 早稲田大学芸術学校 建築学科卒業
1997年 ライフアンドシェルター社 パートナー
 
主な作品
・y3 house
・s house
・foo
・S/N
・mizu-akari
・frozen cup
 

主な作品

■y3 house

世田谷に建つ多世代住宅。2階の一番大きな部屋がパーティールーム。アートの展覧会やパーティなどに使われる。直交するRC壁を鉄骨のシェルターで包み、フレキシビリティと耐久性の高い構造となっている。


■s house

蓼科の別荘。杉板が張られた厚いボリュームをうねるらせることによって、壁に包まれた空間、壁の中の空間、壁の外の空間が生まれている。


■foo

都心に建つ、住居兼事務所の複合建築。旗竿地という敷地のマイナス環境を逆手に取り、細長い通路的空間と風通しの良い中庭を生み出している。[s house]が自然の中にうねる壁ならば、[foo]は都心部に詰め込まれたうねる壁。1階は[y3 house]のようにオープンスペースとして、展覧会・トークライブなどに活用されている。


■S/N

黒磯の住宅。夫婦の趣味のために音楽スタジオとアトリエがあり、大きくうねる壁2枚の壁によって、「木の洞窟」的空間が生まれている。


■mizu-akari

高精度切削加工によるアクリルと高輝度LEDを組み合わせた照明器具。切削されたくぼみに水を張ることで、周囲に光の環が生じ、風などの環境変化によって光が揺らぐ。この作品は、製造業とデザイナーの共同プロジェクト「Factory Project」から生み出された。


■frozen cup

伝統的製法を守り続ける石川県山中漆器「たに屋」プロデュースによる漆器。アクリル切削の台座に乗せることで漆器独特のぬめりのある曲面を堪能できる。


 
ホームコンセプトデザイナーズファイル製品ラインナップ
会社概要プレスリリースプライバシーポリシーお問合せ
- 9tubohouse.com web site version1.0β -
copyright 2002-2004,commdesign inc. all rights reserved.
 
produced by